競馬(KEIBA)に必勝法は
存在するのか?

TOP
keiba,必勝,運

確かに実在する必勝法の存在

競馬で勝つ為には何が必要なのか、必勝法はあるのかと良く議論されます。
実際に必勝法と呼べるものは存在していた事もありますし、個人で一億五千万を稼いで馬券裁判になった方もいれば、ある予想法で160億円を荒稼ぎしたという話もあります。
それは間違いなく必勝法と呼べるものであったのでしょうが、競馬というものは購入された金額からJRAの取り分を引いた配当金を分け合うシステムとなっているので、他の方がその手法を真似てしまえば配当は下がり必勝法ではなくなってしまう事となります。
必勝法というのは一時的では効果的であっても、永遠に活用出来る必勝法となると存在はしないのではないかと思われます。
そしてそれと平行して論議されるのが、運という要素です。
運というのもまた分析するのが難しい要素です。
たった一つの要素で勝ち負けが変わってしまうのが競馬であり、それは天気であったり馬の状態であったりと、人の力ではどうする事も出来ない要素である事も多々あります。
その運をつかめるかどうかという事も言えますが、そこまで読みきれてこそ予想師という事も言えるので、競馬でいう運という要素も一言で片付けられる事ではないと言えます。

競馬で勝つという事は、必勝法というものにより近い予想を組み立てる事、天気であったり展開であったり馬の状態であったりといった、実力とは別の要素も予想によってある程度引き込む事も大事であり、それが勝ちにつながりやすい競馬での馬券術となるのではないでしょうか。

必勝法というのは勝ち続けられる事が出来れば、利益の大小の差があっても必勝法であり、運に左右されない事も現実としての課題となるので、運という要素を取り入れるのであれば、運を常に引き込んでおくと考えるか、運に左右される事も考慮した上で勝ち続けるという事が求められます。

この事から、ではどういうものが必勝法となりえるのかと言えば、予想を貫くというのが一つの必勝法の最終形態であると考えられます。
人の関与出来ない天候によるや馬の状態の事まで予想の中に組み込むか、天気に左右されても結果として勝てる予想とするか、そしてそれは一つの予想を貫くという事で結果というものが出てきます。

ただし、その予想法の結果が吉と出るか凶とでるかは、これもまたその時の運となるので、いつまでも必勝法はあるのか、競馬はやっぱり運なのかと論議され続けるものとなるのでしょう。

日本日本の競馬

日本の競馬は世界的に見て、どういう評価を受けているのか。日本独自の風土によって作られた日本の競馬とは。

世界世界の競馬

世界では競馬はどの様に開催されているのか。日本人が想像している競馬とは全く異なる競馬の存在。

アメリカアメリカの競馬

アメリカの競馬の特徴。アメリカは日本とは異なる競馬形態であっても、切っても切り離せない理由があります。

フランスフランスの競馬

凱旋門賞が開催されるフランス競馬とは?何故日本の競馬は凱旋門賞に強く拘るのか?

地方地方競馬

地方競馬は日本の競馬界に多くの貢献をしてきました。地方出身の競走馬や騎手が数々のドラマを生み出しています。


競馬新聞

競馬の知識色々