競馬の歴史を紐解く事で
競馬の勝率を大幅に向上させる

TOP
競馬,歴史,日本

日本の競馬の歴史

日本の競馬は輸入品です。 ただ、それは日本に限った事ではなく、英国以外の国ではサラブレッドの輸入から始まったと言えます。
そんな中で、「日本は種牡馬の墓場」だと言われていた時代がありました。
海外で活躍した種牡馬が日本で種付けを行っても、それが世界で認められるレースで勝つという事は考えられず、その結果としてそういう表現を使われていました。
日本という国は島国であり、一言で遠征といってもそれは簡単ではない環境という事もあり、海外でその評価を高めるという事が難しい環境にあった事は間違いないでしょう。

そんな中で、日本の競馬関係者が打倒外国産馬としてジャパンカップを創設し、そして海外から招待された外国産馬に勝つ事、そして海外に遠征して海外のレースに勝利する事でその評価を覆してきた事で、今現在の日本の競馬も国際的に競馬の先進国と呼べるパートⅠ国となったとも言えます。
実際にはパートⅠ国となるには国内のレースの国際化等といった条件があるものですが、それ以上に国産の競走馬のレベル、レースのレベルが高くなくてはならず、その条件もクリア出来たという事でもあります。

日本は島国であり、気候等にも特色のある国であるからこそ日本独自の競馬というものも確立され、そして今や世界的にも評価を高めてきています。
エルコンドルパサーやナカヤマフェスタ、ディープインパクト、オルフェーブル等が凱旋門賞でその力を示してきた事、そこには勝った負けたという事以上に大きな意味のあるレースであったのです。

数々の名馬達が活躍し、時に喜び、時には涙を流す程の感動を与えてくれ、その血の繋がりから今の日本の競馬があり、これからもっと評価を高めてくれると思います。
数々の日本の名馬が挑み、あと一歩のところまで掴みかけている凱旋門賞を勝つ日も近い未来にありえるのではないかと感じさせます。
そして、その時には日本の競馬のこれまでの歴史を振り返り、多くの競馬関係者の努力や馬達の一つの結晶としてその勝利を喜びたいと思いまうし、その日が近い将来に訪れる事を願うばかりです。

日本日本の競馬

日本の競馬は世界的に見て、どういう評価を受けているのか。日本独自の風土によって作られた日本の競馬とは。

世界世界の競馬

世界では競馬はどの様に開催されているのか。日本人が想像している競馬とは全く異なる競馬の存在。

アメリカアメリカの競馬

アメリカの競馬の特徴。アメリカは日本とは異なる競馬形態であっても、切っても切り離せない理由があります。

フランスフランスの競馬

凱旋門賞が開催されるフランス競馬とは?何故日本の競馬は凱旋門賞に強く拘るのか?

地方地方競馬

地方競馬は日本の競馬界に多くの貢献をしてきました。地方出身の競走馬や騎手が数々のドラマを生み出しています。


競馬新聞

競馬の知識色々