アメリカ競馬の特徴と
日本競馬との関係

TOP
アメリカ競馬,特徴,日本

アメリカの競馬

アメリカの競馬というのは日本には馴染みのないイメージが強いかもしれません。
ヨーロッパや日本の平地競走の特徴は芝コースが多いのに対し、アメリカの競馬の特徴はダートコースが多いというのがその理由であると思います。
しかし、現在の日本の競馬はアメリカの競馬とは切り離せないものとなっています。

「サンデーサイレンス」

もはや現在の日本の競馬をサンデーサイレンス抜きで語る事は出来ないからです。
サンデーサイレンスはアメリカの2冠馬であり、ブリダーズカップ・クラシックも勝った名馬でアメリカ競馬殿堂入りも果たしている名馬です。
生まれてからは体格が貧相で見栄えも悪く、買い手がつかないほどだったり、事故に遭い怪我をしてしまう等、けっして順調ではない馬生で幕を開けた馬です。
しかし調教に入るとその素質はすぐに見出され、初戦は2着に敗れたものの、次のレースでは勝利をあげ、その後はその素質を開花させていきます。
アメリカ2冠を制し、3冠レース最後のベルモントステークスでも1番人気に支持されるもイージーゴアの2着となってしまいます。
イージーゴアはサンデーサイレンスのライバルであり、アメリカ競馬の主役の1頭だったわけです。

そのサンデーサイレンスが日本の競走馬生産者吉田善哉氏によって日本に迎え入れられ、そして初年度産駒のフジキセキやジュニュインが早速結果を出します。
それから後は多くの方が知っている様に、多くのサンデーサイレンス産駒が、サンデーサイレンスの馬としての特徴を受け継ぎ、G1を勝利し、それと共に日本の競馬は大きな飛躍を遂げる事となります。
その遺伝子は孫の代にも着々と受け継がれ、今もまた現役で多くの馬が活躍し、結果を出しています。

サンデーサイレンスほどのアメリカ競馬の名馬が日本に来るという事事態がとても珍しい事ですが、これだけの産駒を出したサンデーサイレンスは競走馬としても種牡馬としても超一流であり、今の日本の競馬はサンデーサイレンスが日本に来た、言ってみれば奇跡の賜物であると言え、それは故・吉田善哉氏の眼力と人柄が成し得た事だと思います。
それだけの情熱でここまで発展出来た日本の競馬、その背景にあるサンデーサイレンスを育てたアメリカの競馬もまた素晴らしいものです。

日本日本の競馬

日本の競馬は世界的に見て、どういう評価を受けているのか。日本独自の風土によって作られた日本の競馬とは。

世界世界の競馬

世界では競馬はどの様に開催されているのか。日本人が想像している競馬とは全く異なる競馬の存在。

フランスフランスの競馬

凱旋門賞が開催されるフランス競馬とは?何故日本の競馬は凱旋門賞に強く拘るのか?

地方地方競馬

地方競馬は日本の競馬界に多くの貢献をしてきました。地方出身の競走馬や騎手が数々のドラマを生み出しています。


競馬新聞

競馬の知識色々