競馬関係者は何故
フランス凱旋門賞を目指すのか

TOP
競馬,フランス,凱旋門賞

フランスと凱旋門賞

フランスの凱旋門賞。
日本の競馬から見た、世界最高峰のレースとして多くの認知度を占めているのが凱旋門賞。
今や多くのG1馬や実力馬が海外遠征を行い、そして勝てる様になってきました。
世界へ日本産駒の実力、日本の競走馬を管理する施設、調教、技術を世界へ示すかの様に。

多くの海外遠征が現在行われていますが、海外のG1レースで勝ってもそれほど大きな話題にはなっていないのですが、凱旋門賞となると大きく取り上げられ、注目度は大きく上がります。
なぜ、凱旋門賞がこれほど注目されるのでしょうか。

世界最高峰のレースとしての評価されている凱旋門賞は、芝2400mという距離で3歳以上限定で、繁殖馬の選定競走でもある為、セン馬(去勢された馬)は出走出来ません。
距離が長いのでスピードもスタミナも求められ、過去にはディープインパクトやエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーブル等が出走し、エルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーブルが2位という結果を残しています。
もう手の届くところまで来ていると感じさせる結果でありながら、そのあと一歩がとても遠い様に感じさせる凱旋門賞、だからこそ多くの人が注目されるレースとなっているのかも知れません。

武豊騎手も凱旋門賞を勝てるところまでは来ていると感じるとコメントしていますし、凱旋門賞がここまで注目される様になったのは、その武豊騎手の影響もあるのではないかと思われます。
現在日本で有名で、実績も人気も高い武豊騎手が凱旋門賞という1つのレースに対してこれまでコメントをしてきた事で確実に凱旋門賞の知名度も上がってきました。
武豊騎手に限らない事ですが、凱旋門賞に出走する事は騎手にとっては名誉な事であり、出走過程までの道のりは、とてもとても特別な事でもあります。
世界的に見ても多くの騎手の目標の1つでもある凱旋門賞、それは馬主や調教師等、多くの競馬関係者の夢だからこそ大きな目標になっているのだと思います。

海外遠征というのは簡単な事ではなく、それこそ世界情勢によって影響を受けてしまう事もあります。
馬の体調ももちろんそうですが、馬インフルエンザで遠征がとりやめになったり、イラク戦争でドバイにいけなくなったりと、どんなに準備をしていても、叶わない事があり得るのが海外遠征であり、それは島国である日本にとっては尚更の事でもあります。

これからもまた、日本のG1を制する様な名馬がまた海外へ向かうでしょうし、大きな目標として日本の競馬が凱旋門賞を狙っていくという事もあるでしょう。
その時は、より良い結果が出る事、そして何よりも馬が無事に海外遠征から帰って来れる事を願います。
海外のレースは芝にしてもダートにしても質が大きく変わり、海外遠征で怪我をしたり、時には命を失った馬もいます。
その事を無駄にしない為にも、まずは無事である事、その上で良い結果が出る事が一番大切なのだと思います。

競馬,フランス,凱旋門賞

日本日本の競馬

日本の競馬は世界的に見て、どういう評価を受けているのか。日本独自の風土によって作られた日本の競馬とは。

世界世界の競馬

世界では競馬はどの様に開催されているのか。日本人が想像している競馬とは全く異なる競馬の存在。

アメリカアメリカの競馬

アメリカの競馬の特徴。アメリカは日本とは異なる競馬形態であっても、切っても切り離せない理由があります。

地方地方競馬

地方競馬は日本の競馬界に多くの貢献をしてきました。地方出身の競走馬や騎手が数々のドラマを生み出しています。


競馬新聞

競馬の知識色々