競馬で勝てる競走馬(サラブレッド)は
何が違うのか

TOP
競馬,競走馬,サラブレッド

競走馬(サラブレッド)

競走馬と呼ばれるサラブレッド、それは多くの研究によって作り上げられてきました。
コンピュータによってはじき出される答えであったり、奇跡の血量となる様に配合されたり、生産者の意図、考えによって様々なサラブレッドが誕生してきました。
そうして生まれてくるサラブレッドでも、生産者や管理者の思惑通りの競走馬が誕生するわけではなく、デビューすら出来ない馬もまた多くいます。
厳しいゲート練習を行っても上手く出来なかったり、気性に問題があったりと、競馬のルール上でレースを行う事が出来なければどんなに早くても走る事すら叶わないのです。
どうしても気性に問題があれば去勢をしてしまう事もあり、競走馬と一言でいっても本当に様々な事があるわけです。

そうやって数多くの条件を乗り越えた、それこそ選ばれた馬しかサラブレッドとしてレースに出走する事すら叶わない。
だからこそ、競馬関係者も馬に強い気持ちを持ち、数多くのドラマを作り上げる事が出来たのかもしれません。

競走馬として、サラブレッドとして成功する事、それは並大抵の事ではありません。
G1で勝つ事はもちろん大変な事ですが、G1に出走する事だけでも大変な事でもあります。

演歌歌手の北島三郎さんも、競走馬を170頭以上所有してきました。
そして47年目にしてキタサンブラックでついにG1で勝つ事が叶ったのです。
それだけ競馬でG1を勝つという事は難しい事であり、だからこそ価値も大きいものなんです。

これまで日本の競馬だけでも数多くのドラマが生まれてきました。
大きな怪我から復活した競走馬、最後の最後に花を咲かせた競走馬、そして、名馬として期待されながらレース中に命を落とした名馬…。
時には命を失うかもしれない、そんなレースだからこそ競馬は魅力があるのかもしれません。
それは命を失ってもかまわないという事ではなく、精一杯のレースをしている証であり、怪我なくレースを走れる様に調教師の方も一生懸命やっているでしょう。
それに応える事が出来た馬が勝つ事が出来る、それが競馬なのだと思います。

日本日本の競馬

日本の競馬は世界的に見て、どういう評価を受けているのか。日本独自の風土によって作られた日本の競馬とは。

世界世界の競馬

世界では競馬はどの様に開催されているのか。日本人が想像している競馬とは全く異なる競馬の存在。

アメリカアメリカの競馬

アメリカの競馬の特徴。アメリカは日本とは異なる競馬形態であっても、切っても切り離せない理由があります。

フランスフランスの競馬

凱旋門賞が開催されるフランス競馬とは?何故日本の競馬は凱旋門賞に強く拘るのか?

地方地方競馬

地方競馬は日本の競馬界に多くの貢献をしてきました。地方出身の競走馬や騎手が数々のドラマを生み出しています。


競馬新聞

競馬の知識色々