日本中央競馬会の発展に
貢献した社台グループ

TOP
日本中央競馬会,社台グループ

社台グループとは

社台グループというのは、世界に通用する馬作りという目標の基、これまで数々の実績を残してきました。
今現在、日本の競走馬が世界の舞台でも活躍出来る様になってきていますが、これは社台グループが残してきた功績でもあるわけです。
日本で有名な種牡馬である、ノーザンテースト、リアルシャダイ、トニービン、サンデーサイレンスといった名種牡馬を導入し、その産駒達が日本の競馬界で大きな実績を残し、そして種牡馬となり結果を残してきたからこそ、今の日本の競馬があるとも言えます。
その流れで現在、社台グループが日本競馬の中心となっており、一強時代となっている事を問題視する方もいますが、その貢献度はとても大きなものです。

そもそも社台とは

北海道白老町字社台という場所があり、社台グループの創始者である、今は亡き「吉田善哉氏」が牧場を開業したのがこの地であり、今は白老ファームとなっています。
社台スタリオンでは種牡馬として成功している競走馬を多く所有し、ディープインパクトやクロフネといった種牡馬がいます。
ですから、当然生産する競走馬の質は高く、社台グループが大きな力を持つ一因となっているわけです。
生産と育成というのはまた別物でもあり、社台グループや吉田家の方達が所有している競走馬は勝率が高い事も有名で、やはり有力な競走馬は手元に置いて育成を管理しているからこそ好結果も出ていると言われています。

社台系と非社台系

よく社台系と非社台系という言葉が聞かれます。
どう区別していくのかというと、生産馬と馬主が社台グループであれば社台系、そうでなければ非社台系として理解すると良いかもしれません。
要するにサンデーサイレンスからディープインパクトまでは社台で生産されていますが、ディープインパクト産駒であるキズナは社台の生産馬ではなくノースヒルズが生産しているので、社台系ではないという事です。
血統で見るのではなく、生産したところがどこなのかという事で社台系、非社台系がよく区別されています。

社台系と非社台系であっても、血統としてはサンデーサイレンス、ディープインパクト等の血を受け継いでいる競走馬もいる事となり、それだけ影響力があるのが社台グループだという事がわかるかと思います。
社台を知らずして競馬は勝てないとまで言われる事もあり、そういった視点から予想の際には生産や馬主を見てみると違ったものが見えるかもしれません。

日本日本の競馬

日本の競馬は世界的に見て、どういう評価を受けているのか。日本独自の風土によって作られた日本の競馬とは。

世界世界の競馬

世界では競馬はどの様に開催されているのか。日本人が想像している競馬とは全く異なる競馬の存在。

アメリカアメリカの競馬

アメリカの競馬の特徴。アメリカは日本とは異なる競馬形態であっても、切っても切り離せない理由があります。

フランスフランスの競馬

凱旋門賞が開催されるフランス競馬とは?何故日本の競馬は凱旋門賞に強く拘るのか?

地方地方競馬

地方競馬は日本の競馬界に多くの貢献をしてきました。地方出身の競走馬や騎手が数々のドラマを生み出しています。


競馬新聞

競馬の知識色々