ギャンブルの達人的必勝法

TOP
競馬

利益を確保する

私は普通に妻子を養い、子供を大学まで行かせてあげられるだけの収入をギャンブルを通して稼いでいます。
これだけ稼げていると多くの方にギャンブルで勝つ秘訣を聞かれますし、聞かれれば正直に答えています。
ですが私の話を聞いて、聞いた方が必ずギャンブルで勝ったかと言えばそうではありません。
むしろ稼げていない人の方が圧倒的に多いです。
稼げる様になった方、食べていける様になった方は10人に1人ですが、負けが少なくなった方という事になればその割合はグっと上がります。
ギャンブルをやるに当たって、何をやれば絶対に勝てるというものはありません。
分かりやすく言えば、勝つ確率を増やすのではなく、負ける確率を減らす、負ける確率を減らす事で勝つチャンスが増えるという理論です。
では負ける確率を減らすというのはどういう事をすれば良いのか、という事になります。
負ける確率を減らす方法、その方法としてどんなギャンブルに対しても共通する一番簡単な方法があります。
競馬でも競輪でも競艇でもパチンコでも麻雀でも、全てのギャンブルに通じる事です。
ギャンブルで勝って得たお金はよく【あぶく銭】だと言いますが、そのお金を【あぶく銭】だと思わない事、全ては利益だという事を意識する事です。
勝ったからといってそのお金を【あぶく銭】だと思って遊んでは利益を失う事になり、そういう時に限ってどれくらい使ったか等は忘れてしまいがちです。
どんなギャンブルでも、僅かであっても勝ったお金という利益を確保してきちんと管理する事、例えば勝って得たお金はすぐに貯金するといった方法、その一手間を行う事で管理する意識が芽生え、ギャンブルで得た利益を【次の資金】として確保する事が出来る様になります。ギャンブルは資金があればあるにこした事はありません。
勝った時まで利益を失う事は負けを増長する事であり、いたってシンプルな理屈ですがこれが意外と難しいもので、逆にそれが出来れば勝つ可能性を高める事が出来るはずです。

【あぶく銭】を【次の資金】に変える事、まず第一歩として多くの方に話してきましたが、そうは言っても負けが続いていた時こそ勝った時には美味しいものを食べたり、欲しいものを買ったりという欲を満たしたくなるものです。
だからこそ誰もが出来る事であっても難しいのだと思います。

よく友人なんかとパチンコに行くと片方が勝って片方が負けるという事があると思います。
そんな時はどうしても勝った方が何かを奢ったりしなくてはいけない雰囲気になりますし、それを避けて通るのは難しいかもしれません。
でももしそこを貫く事が出来るのであれば、勝つ側に立つ事が出来る可能性がとても高くなるかもしれません。 もし出来ないのであれば、少なくともそのお金は【あぶく銭】ではなく【次の資金】だという事を意識しておく事、それだけでも何かが変わるかもしれません。

競馬新聞