ギャンブルの達人的必勝法

TOP
競艇

重要な一つの意識

ギャンブルをやっていて一番楽しい瞬間は、パチンコで言えば確率変動を引いた時、競馬で言えば万馬券を獲った時、麻雀で言えば役満をあがった時、分かり易く言えばそうなるのではないでしょうか。
共通するのは大きな利益が目の前にある時であり、一番優越感を感じる瞬間です。
その瞬間の為にギャンブルをやっているという人も多いものですが、その瞬間だけでなくギャンブルを長い目で見て勝ちたいと思うのであれば、その瞬間に意識してほしい事があります。
『ギャンブルは熱くなってはいけない』と良く言われます。
この言葉は負けが込んでいる時に当てはめられる事が多い言葉ですが、実はこれは勝っている時にも言える言葉です。
勝っている時ほど、勝つ瞬間を想像しやすいので気持ちが大きくなり、ついつい大きく賭けてしまいがちになります。
でも実際にはその勝つ瞬間というものがある種の錯覚である為、実際に利益に結びつく確率はその時に感じている感覚よりも低いものです。
もちろん波に乗って勝つという事もあるでしょうが、多くの場合はそううまくはいきません。
人間の本能として良い時の記憶やイメージは悪い時の記憶やイメージと比べて印象が強く残ってしまうものです。
せっかく勝っていたのに、勝てる気がして強気の勝負をして負けてしまい勝ちを失った、そういう経験がありませんか?
実は勝っている時が一番熱くなっている時であり、利益だから失っても痛くないという意識、更に負けてしまった時には勝ちが無くなっただけで損はしていないと思い込もうとしてしまう事もあるでしょう。
そして厄介な事に、そんな時ほど勝っていた時の印象を強く残して負けた印象を心のどこかで薄くしてしまいます。でも結果として一度は得た利益を失っているという事実がそこにはあるという事なんです。

どんなに勝っている時でも、どんなに興奮する瞬間があったとしても長く引きずらない事、今の気持ちは錯覚かもしれないと意識する事が必要であり、本当の意味で冷静になって勝負をする事が、無駄な負けを増やさない事に繋がるんです。

私がこの話をしてギャンブルで生活が出来る様になった方は、競馬で万馬券をとって利益が出た瞬間にその日はもう競馬をやらない様にしています。
理由は簡単で、万馬券が取れたら興奮を抑えきれなくて冷静になれないから次の勝負は我慢すると言っていました。
そうして得た利益を一晩おいて冷静に運用する事が出来る様になったからこそ稼げる様になったという事です。
些細な意識の問題であっても、その意識の一つ一つによって結果というものは大きく変わります。

色々なスタイルがあっていいと思いますが、根底に冷静に分析する意識を持つ事でそのスタイルをもっと活かせるのではないでしょうか。

競馬新聞