ギャンブルの達人的必勝法

TOP
競輪

負の連鎖

このサイトを通じて、勝った時こそ冷静に分析する事、勝った資金は間違いなく利益であり、あぶく銭ではなく次の資金として意識する事、この2点を挙げてきました。
もし読んでいない方がいましたら目を通していただければと思います。
そして競馬、競輪、競艇、パチンコ、麻雀…等の多くのギャンブルに通じる一大事として【負の連鎖】というものがあります。
おそらく多くの方が何をやっても勝てない、勝てる気がしないという状況になった事があると思います。
もしなった事がないという方がいるのであれば、その方はすでに負の連鎖からの脱却方法を知っているのかもしれません。

【負の連鎖】にハマる時に多くの方が共通して考えている事があります。それは「勝てば取り返せる」という考えです。
この考えが脳裏をよぎったらすぐに目の前のギャンブルをやめた方が良いでしょう。
「勝てば取り返せる」状態というのは冷静に分析すれば「大きく勝てなければ取り返せない」です。それを「勝てば取り返せる」と出来るだけハードルを下げて、少しでも可能性を感じようとしているだけなんです。
これは別項で話した「熱くなっている」冷静ではない状態であり、更に「大きく勝てなければ取り返せない」という勝負としてハードルが高い状態でもあります。
こんなに負ける可能性の高い状態で勝負を挑んでいるわけですから負けてしまう事が多いでしょう。そして、その気持ちを引きずってしまう事で「勝負としてハードルが高い状態」を維持してしまうわけです。
普段なら少しでも利益が出れば良いと考えているのに、負けを取り返そうと考えてしまう事でその利益を失ってしまう。損失した時からずっと引きずって長期的に考えてしまっているわけです。
だから実際には勝てている時もあるのに大きく勝とうとするあまり負ける事を選択してしまうのです。
だからこそ「勝てば取り返せる」と感じた瞬間に、「傷が深くない状態」でやめる事が大切なんです。

別項で勝利した記憶の方が残りやすいと話ましたが、この【負の連鎖】だけは別で、今その時はずっと記憶に残ってしまっている状態です。
ベストはその状態が無くなる状態、少しでも勝てればやめられる状態になるまではギャンブルを控えるのが良いでしょう。

「勝てば取り返せる」と感じて実際に勝てる時もあると思います。でもやはり行きつくところは「勝って取り返せた」時の記憶は印象に残りやすく、「勝てなくて取り戻せなかった」という記憶は過去になってしまえばまた薄らいでしまうものです。
前は「勝って取り返せた」と記憶していても、それ以上に「勝てなくて取り戻せなかった」事の方が多いはずです。
冷静にそこまで考えて、その上で今日は勝てると思える時には勝負してみても良いのではないでしょうか。

競馬新聞